最短即日発行、年会費無料、ご利用明細書送付なし!クレジットカードとしてもご利用いただけます。
  • ショッピング限度額とキャッシング限度額
キャッシング契約限度額とショッピング限度額は、カードの利用契約時に決定されますが、どちらをいくら使った場合、どのような枠の扱いになるのかわからなくなるケースも目立ちます。

というのも、キャッシング契約限度額とショッピング限度額がことなる金額で設定されることが多いからです。

ATMなどを利用した際、それぞれの残りの枠が金額で表示されるので、それで見ればいいやと思うかもしれませんが、実際に買い物などをするとき残枠はいくら残っているのかを把握しておくと便利です。

ではまずキャッシング契約限度額とショッピング限度額が同じ場合を説明しましょう。


たとえばカードの上限利用額が50万円だったとします。 この場合、キャッシングと、ショッピングの利用限度額も50万円までとなります。

つまり、キャッシングで30万円借り入れした場合、あとの20万円の枠はキャッシングでもショッピングの枠としても使えるわけです。
次にキャッシング20万円、ショッピング20万円の場合も同様に、残りの10万円の枠についてはどちらでの利用もOKです。

いずれにしても50万円の利用枠の範囲内ならば、どちらの枠を利用しても大丈夫なわけですね。

ではキャッシング契約限度額とショッピングの限度額が違う場合について説明しましょう。

たとえばキャッシングの限度額が20万円、ショッピングの限度額が30万円とします。
この場合、カードの利用上限額は、「キャッシング契約極度額」または「ショッピング限度額」のどちらか高いほうの金額になるという規定があるため、ショッピングの限度枠である30万が、契約したカードの利用限度額になるわけです。

30万円の限度枠ということを前提にして、以下の場合の利用可能額を考えてみましょう。

すでにキャッシングで5万円、ショッピングで20万円使っている場合、残りの10万円の枠はどちらでも使うことができます。

つぎにキャッシングに20万円使っていて、ショッピングは使っていない場合、すでにキャッシングの20万円の枠を使い切っているので、残りの10万円はショッピングの利用限度枠としてしか利用できません。

最後にキャッシング13万円、ショッピング11万円だった場合、キャッシングは残り2万円、ショッピングは残り4万円の枠が残るのです。 慣れないうちは、後者のパターンの利用の仕方だと戸惑うかもしれません。

自分の中ではまだキャッシングできると思っていても、実はそれはショッピングの枠だった…というケースも多く見受けられます。
なのでくれぐれも、自分の契約内容と限度額を把握しておくクセをつけながら利用をしましょう。