最短即日発行、年会費無料、ご利用明細書送付なし!クレジットカードとしてもご利用いただけます。
  • アコムマスターカードならではの特徴

アコムとキャッシング契約を結ぶ場合、ほかの消費者金融にはないメリットがあります。

それはクレジットカード契約が結べる点です。

少し前までは他の消費者金融もこういったサービスを行っていました。
キャッシングだけでなく、クレジット機能を備えたカードが取得できれば、ショッピングする際にもわざわざお金をおろすことなく、ショッピングできますから便利ですよね。

なぜ他のアコム以外の会社がこうしたサービスをやめてしまったのかわかりませんが、アコムはいまだに利用可能です。

さて、信販会社でクレジットカードを作る場合、重要なのはその人が過去利用したローンやキャッシングの履歴です。

いわゆるクレジットヒストリーと言われるものですが、たとえばキャシングやクレジットカードの利用履歴がなくても、過去携帯電話の料金支払いが滞っていたり、分割払いで購入した商品の割賦払いが延滞していたりすると、クレジットヒストリーは悪くなります。

そういったことで信販会社の基準に満ちていないと審査に落ちてしまい、信販会社でのクレジットカード発行はできません。

ところがアコムマスターカードはどうでしょうか。
アコムの審査はキャッシングと同様の基準であり、クレジットヒストリーはそれほど重視しません。

それより重視されるのは他社借入額が一定の基準内に収まっていること、年収などのスコアリングです。
そちらが基準に満ちていれば、キャッシングとショッピング機能を備えたカードの取得が可能となります。

そのため、アコムマスターカードの審査基準は甘いというイメージが持たれるのですが、
ただ、私の経験上クレジットヒストリーは追わないものの、むじんくんで契約したのですが、そこでの審査が他社よりも長い印象を受けました。

私の場合はキャッシングできればいいと思っていたので、アコムマスターカードを希望したわけではないのですが、
つけられるならという気持ちで申し込みを行った経緯があります。

キャッシングだけならもっと早く審査は終わっていたのでしょうけど。ただ口頭でカードの使い道とか、いろいろ聞かれたわけではないです。
結局契約はその日にできましたが、キャッシング専用カードとアコムマスターカードは別々の発行のようで、マスターカードの方は後日郵送で送られてきました。

つまるところ、むじんくんでアコムマスターカードを契約する場合、キャッシング専用カードとマスターカードの2枚が発行されるという仕組みです。(キャッシング専用カードは不要と言うこともできますが、その間マスターカードが届くまで利用できないことになります)