最短即日発行、年会費無料、ご利用明細書送付なし!クレジットカードとしてもご利用いただけます。
  • アコムマスターカード デメリットはあるの?
アコムマスターカードのデメリットは、ポイントプログラムが用意されていない点です。

ポイントプログラムとは、クレジットカードを使って買い物したり公共料金の支払いなどを行った際に、100円につき1ポイントとかそういった割合でポイントが付与され、それを貯めることでショッピングに使えたり、ポイントを賞品と交換したりできるいわばクレジットカードを使う人のための特典と言ってもいいでしょう。

もしポイントを貯めたいとか少しでもお得にカードを使いたいという方がいれば、ポイントが付く楽天カードなどを使ったほうがよいでしょう。

そのほかにもデメリットはあります。
それは消費者金融のアコムが発行しているカードだということです。
それを全然気にしない人ならいいのですが、他の人に目ざとく見つけられた日には嫌ですよね。

審査の際も通常のクレジットカードと契約するときとは異なり、キャッシングをする前提での審査となりますからいろいろな情報が必要となります。給与明細やボーナス明細などの提出を求められることもあり得ます。

なのでアコムマスターカードは、クレジットカードとは別物と考えてもいいかもしれません。
通常はクレジットカードの機能の一つとして、キャッシングがついている、これが普通のクレジットカードです。
ところがアコムマスターカードは、キャッシングの延長線上に、クレジット機能がついているといった考え方です。

事実、キャッシング枠とクレジット枠は借金という意味で限度額が同居しており(そういう契約も可能)たとえば50万円の限度額なら、キャッシング枠10万円を使えば、クレジット枠も10万円減ります。40万円使ったら残りは10万円の利用可能額が残っているわけです。

契約するときも、「お客様ならクレジット機能付きのカードも発行できます」と言われるんですね。
つまり、マスターカードつきのサラ金カードという意味です。それをアコムの契約担当者も認めているわけです。

審査時間が早いとか、契約に至りやすいとかいったメリットがあると言われていますが、こうしたデメリットもあるということを忘れずにおきましょう。

クレジッカードは使いやすいのが第一ですが、その分享受できるはずのメリットを失うケースもあるということを覚えておいた方がいいかもしれませんね。